不動産会社はどのくらい費用を取るのが普通?

仲介手数料の相場はどのくらいか

不動産会社が賃貸物件の仲介をしたときにはどのくらいの費用を徴収するのでしょうか。実は不動産会社が得られる報酬は仲介手数料だけです。法律によって仲介手数料の上限が定められていて、契約された物件の家賃に相当する金額になっています。それに消費税を加算した金額が不動産会社が手に入れる収入となるのが一般的です。ただし、仲介手数料は貸主と借主の両方からもらい受けることができるのが特徴です。原則は両者から半々で請求することになっているため、法律上は請求されるのが家賃の半額となります。しかし、貸主や借主が良いと言えば一方のみに請求することも可能です。そして、一般的な傾向として借主が全額を負担するようになっています。

交渉して値下げするのも検討しよう

不動産会社は家賃相当分の費用を請求するのが通例ですが、必ずしもその要求に応じなければならないわけではありません。法律上はその半分で良いはずなので、交渉して下げてもらうことは可能なのです。ただし、それを理由に仲介を断られてしまう可能性もないわけではありません。不動産会社としては仲介手数料が唯一の収入源で、特に賃料が低い物件の場合にはあまり利幅が大きくないのも確かです。仲介手数料を半額にしてしまうと赤字になることもあり、貸主に請求せざるを得なくなりがちです。しかし、貸主との付き合いもあるため、不動産会社は板挟みの状況に陥ってしまうのです。まずは話を切り出して見るのは悪いことではないので交渉してみましょう。

© Copyright Best Leasing. All Rights Reserved.