敷金・礼金はどう使われるの?

敷金は預かり金としての位置付け

初期費用でよく請求される敷金は預かり金です。何かトラブルがあったときにオーナーがそこからお金を徴収していき、退去するときに残っていれば返還してもらえるという仕組みになっています。例えば家賃の滞納があったときにオーナーが敷金から徴収します。また、退去するときには原状回復が必要になりますが、完全な形で退去できることはあまりありません。クリーニングや修繕などをする費用を敷金から最終的に差し引き、余ったら返還、不足しているときには請求という形を取るのが一般的です。最近では退去後にお金のやりとりが起こるとトラブルが発生しやすいことから、敷金は全額オーナーが徴収して原状回復に当てるということが増えています。

礼金はオーナーに渡すお金

敷金と違って礼金は原状回復に使われるものではなく、預かり金でもありません。礼金はそのままオーナーの懐に入っていくことになります。これは昔からある慣習で、物件を貸してくれるオーナーに対してお礼の気持ちを込めたお金となっています。さらに昔になると借りるときに自分でいくら礼金を払うかを考えて渡さなければならなかった頃もありました。それがシステム化されて礼金として家賃1ヶ月分から3ヶ月分程度を請求する形になっています。ただ、借手市場になった影響でだんだんと礼金を請求しないオーナーも増えてきているのが現状です。空室を埋めなければならないという状況が続いている物件ほど礼金をゼロにして初期費用を最小限にしています。

© Copyright Best Leasing. All Rights Reserved.